クリニックの肝斑治療とはどんなものか

subpage1

肝斑とは、頬や額などに左右対称にもやもやと広がる淡褐色のシミです。


通常は頬骨に沿って広がることが多く、まぶたには出来ないのが特徴です。



20代後半〜40代の女性に圧倒的に多く見られます。


肝斑の発症原因は、女性ホルモンのバランス、ストレス、妊娠、紫外線、皮膚への摩擦、生活の乱れなど様々です。肝斑治療をクリニックで行う場合は、いくつかの治療方法があります。


まず1つ目の肝斑治療は、トラネキサム酸を内服することです。
トラネキサム酸には、メラニンを増やすプラスミンという酵素を抑える働きがあります。
シミをブロックするので、肝斑の予防や改善に効果があります。2つ目は、トラネキサム酸の内服と共に、ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬を処方する方法です。ハイドロキノンには、メラニンの生成を阻害する成分であり、シミの治療にも幅広く使用されていますし、トレチノインは、肌のターンオーバーを促進する作用があるので、メラニンの排出を早めてシミを薄くしてくれます。



3つ目は、レーザー治療です。

以前は肝斑の治療にレーザーの照射は良くないと言われていました。しかし最近は、肌に炎症が起きない弱い出力のレーザーを照射するのなら、肝斑に効果的だということが解ってきました。



レーザーの照射パワーを調整すれば、角質細胞を破壊せず、細胞内のメラニンだけを破壊することが可能なのです。このように、肝斑治療にはいくつかの方法がありますが、一人一人の状態に合わせた最適の治療を選択することが大切です。