ボトックス注射で小顔に

subpage1

しわを伸ばす方法として知られるボトックス注射ですが、実は条件によっては小顔効果もあることをご存じでしたか。



ボトックス注射に含まれるのはボツリヌス菌から毒素を除いて抽出された成分です。

これは筋肉の動きを抑制する効果があることから、笑いじわなどの表情筋が原因のしわの解消につながるわけです。これがなぜ小顔効果があるかというと、大きい顔の原因が筋肉の発達だった場合です。

骨格や脂肪が原因ではなく、筋肉が発達しすぎることで大きくなった場合なのです。

ボトックス注射によって筋肉の動きが抑制されれば、その部分がすっきりとして小顔になれるというのです。



例をあげるといわゆる「えらはり」です。
えらというと骨格が原因と思われがちですが、筋肉の発達のケースが意外と多いのです。

悔しい時に奥歯をかみしめる癖のある方など、どうしても筋肉がつきやすく、えらがはったようになるわけです。

そこで注射をすることで筋肉の動きを抑制すると、あまり筋肉が動かなくなり筋力が低下、その結果えらが解消するというわけです。
もちろん骨格が原因の場合はこの方法は効果がありません。同じく筋肉の動きを抑制して筋力を低下させることから、筋肉の発達による太い足をほっそりする効果も知られています。



シシャモのように発達したふくらはぎをほっそりさせるのが多い症例です。

足は運動しすぎると筋肉によってかえって発達して太くなりやすい部分です。
それもボトックス注射によって細くできるのです。